ナナがあいつで

写真1

アレスタ:ところでそろそろ、 このパンプキンヘッドに頭が引っかかって出られなくなったわたしを救い出してはくれまいか。
七菜:亀田のカレーせん1週間分で手を打とう。
アレスタ:1週間分が何袋に相当するのかよくわからないが、とりあえず了解した。

七菜:んじゃいくよー。 んっ……アレスタの(ピー)ってすごくおっきい……無理矢理(ピー)したら七菜の(ピー)が壊れちゃうよぉ……!
アレスタ:わたしの頭が大きいのは確かだが、あまり強く引っ張るとナナのかぼちゃよりも先にわたしの足か首がちぎれそうなので相応に扱ってもらいたい。
七菜:はじめてだからってやさしくなんかしてあげないわよっ。それっ!

写真2

(スポッ!)
七菜:んわあっ。

(どしん☆)

写真3

アレスタ?:痛ったったったー。勢い余って壁まで飛んでっちゃったね。アレスタ大丈夫?
七菜?:ずいぶん身体が重く感じるが、命に別状はない。

写真4

アレスタ?:それはあれ……アレ?アレスタどこ?なんで目の前に七菜りんが?
七菜?:わたしはアレスタだが……この手の中にあるのはわたしアレスタの身体だな。

写真5

七菜(アレスタ):ということはこれはナナの身体か。 どうやらさっきの衝撃で、お互いの意識が入れ替わってしまったようだ。
アレスタ(七菜):うそーん。

写真6

アレスタ(七菜):こうなったら古今東西やることはひとつだよね。 未知なる異性の身体をすみずみまで探索! うわーアレスタの身体やわらけー。

アレスタ(七菜):アレスタも七菜りんの(ピー)とかさすったり揉んだりして気持ちよくなってもいいよ!
七菜(アレスタ):いや……それよりも先にすることがあるだろう。

写真7

アレスタ(七菜):あーそうか、今なら自分の身体を自分で撮影できるチャンスじゃん! というわけでアレスタ、可愛くセクシーに撮ってあげるから覚悟したまえ☆
七菜(アレスタ):それも違う……。
アレスタ(七菜):次回「あいつがナナで」に続くっ。

コメント(0) / タグ: 雑談
更新日時: 2008/11/18 00:22:41

この記事のコメント

コメントはありません。

お名前:

コメント(2kbyte以内):