Intermission

写真1

アレスタ:ところで君は名を何という?
ひつじ:…………。
アレスタ:や、これは失礼した。私はアレスタ……というのはここの主人に勝手につけられた名前で、 極東支局アルヒアンゲルス級監視員のアジエルという。
ひつじ:…………。
アレスタ:……君はよほど重要な任務についているようだな。 よろしい、君にはできるかぎり協力しよう。 ただし私の仕事の邪魔をするつもりなら、こちらも全力で抵抗させてもらう。 そのつもりでいてくれ。
ひつじ:…………。

コメント(0) / タグ: 雑談
更新日時: 2008/10/15 20:24:03

この記事のコメント

コメントはありません。

お名前:

コメント(2kbyte以内):