天使の受難#3

七菜:ごめんアレスタ……あたし……我慢できなくなっちゃった……いっぱい……いっぱい、可愛がってあげる!
アレスタ:ちょ…………ッ!

---

……すったもんだがありまして。

写真1 写真2 写真3

アレスタ:はぁ、はぁ……ん?

アレスタ:これは……例のノートの1ページ!?ノートは天界に返還したはずだが!!「アジエル、かなでコスでツンデレ気味に誘惑」……。

写真4

ミカエル:はわわ、姉さん、事件でス!ノートがアジエル先輩に見つかっちゃいましたよ!
七菜:すったもんだしてた時にポッケから落としちゃったみたい……

写真5 写真6

アレスタ:ナナ、ミカ。君たちには……どうやら仕置きが必要なようだ。
ミカエル:先輩!これはこの人間が勝手にやったことで!私は止めようとしたんでスが!
七菜:ちょwwwww
アレスタ:確かに、これはナナの筆跡だ。しかし私の天使名アジエルはナナには教えたことがない。私の天使名を知っていて、かつそれをナナに教えてメリットがあるのは、ミカ、君だけだ。つまり君たちは、共犯。

写真7

アレスタ:ミカにはあとでゆっくり話を聞こう。しばらくこのかぼちゃの中でおとなしくしていろ(もぎゅ)
ミカエル:かぼ……かぼっ!?

アレスタ:さて、ナナ……ナナから回収したはずのノートのページが、どうしてココにあるのか?
七菜:それは……えへへ☆
アレスタ:私をたぶらかすだけでなく、禁断のノートをおのれの欲望のためだけに使った罪……償う覚悟はできたか?
七菜:や、ちょっと……助けて!ウサちゃん!

写真8

ミカエル:どう見ても貴方の負けですよ、ナナ。ここをどう切り抜けるか少しは期待しましたが……私に頼るようではネ……。
七菜:(どう見ても自分のほうが大ピンチなのに、偉そうだなこの黒ウサギ……)

アレスタ:このノートが行方不明になってから今まで、かなり長い間……ある意味、退屈しのぎにはなった。いろいろ面白かったよ、ナナ。
七菜:この展開……ひょっとして七菜、死ぬの?ねえ死ぬの?ノートに名前書かれて!?

写真9

アレスタ:ノートを使うまでもない。おのれの欲望に負けた者は、おのれの欲望自身によって裁かれる。
七菜:それは……七菜の愛棒!眠れぬ夜のお供、電気マッサージ器!やっぱり七菜逝くのね!おもに性的な意味で!?
アレスタ:そうだ。40秒で、昇天。もう決まりだ。(カチリ)
七菜:はう――――――――――んん♥♥

コメント(3) / タグ: 雑談
更新日時: 2010/12/03 21:07:00

この記事のコメント

ありゃりゃ、こうなっちゃいましたか・・・。
予感してた通りな展開ですね(笑)
(*≧m≦*)ププッ

いつも、楽しくそして、参考にさせてもらってます。

投稿者:美沙 - 2010/12/06 21:38:19

乙ですシュピーン!

七菜ちゃんのマン?もバクハツしたことですし、次回作は「バ○マン」ですか?
18歳までにアニメ化をめざそうぜ!
どちらかというと18歳まで見ちゃいけないアニメになりそうですけどね。

投稿者:サイテー&ジュージン - 2010/12/08 00:10:33

@美沙さん
七菜:予定調和って奴?
アレスタ:因果応報の間違いではないか?
ミカエル:暗中模索ですかネ。……誰かこのカボチャから出して。

@サイテー&ジュージン さん
七菜:アニメ化となったら、アレスタとウサちゃんは間違いなくデザイン変更だ。まんまリサガスじゃあねえ。
アレスタ:ナナもヒロインというには髪型のインパクトが弱いな。

投稿者:七菜&アレスタ&ミカエル - 2010/12/11 22:32:25
お名前:

コメント(2kbyte以内):