インナーゾーン

七菜:「肌タイツの下のインナーは何使ってるんですか?」って質問がちらほらあるので、今回は七菜が日頃使ってるのをいくつか紹介してみたい☆
アレスタ:以下の記事は少女着ぐるみを実践している、もしくは志している諸兄には役に立つかもしれないが、それ以外の者にとっては夢を壊す結果になるかもしれない。 十分に注意して閲覧いただきたい。

»» 続きを読む

コメント(5) / タグ: Howto
更新日時: 2008/10/25 15:40:16

七菜の瞳は10000ボルト

七菜:結局8月は1回しか更新できなかった。
アレスタ:更新できないとなにか問題でもあるのか。
七菜:ブログはたくさん更新すると国から奨励金が出るんよ。1エントリあたりいくらで。
アレスタ:ああ、それで日本のブログユーザは、内容の薄いエントリばかりいくつも投稿しているのだな。

アレスタ:さて今回の更新には若干ショッキングな内容が含まれているので、 着ぐるみの構造や中の人関連の話題が苦手な諸兄におかれては閲覧をお控えいただきたい。

»» 続きを読む

コメント(4) / タグ: Howto
更新日時: 2008/09/26 22:53:22

セルフで撮る(後編)

七菜:(前回のあらすじ) ついに悪の秘密結社の本拠地に乗り込んだ七菜たち。 捕らわれていた天ヶ崎博士を救い出すも、それは悪の総裁マドーの仕組んだワナだった。 絶体絶命のピンチに追い込まれた七菜たちを前に、マドーが明かす衝撃の事実……!
アレスタ:セルフ撮りで自分自身をどううまくフレーム内に収めるかの話だったのでは。
七菜:そうともいう。

写真1

七菜:というわけで本邦ならびに全世界初公開!これがセルフ撮り機材のすべてだ☆
アレスタ:両側の黄色いのが照明、真ん中右がデジカメと三脚。 そして左が今回のポイントとなる液晶テレビだ。
七菜:である。
アレスタデジカメのビデオ出力を、テレビの外部入力端子につないである。 こうすることでデジカメの液晶画面に表示されるものは、 かわりにそのままテレビ画面に出力されるようになる。
七菜:デジカメの液晶を見なくても テレビでフレーミングが確認できるというわけだね☆
アレスタ:あとは撮りたいものがテレビの画面内におさまっているのを横目で確認しながら、リモコンでシャッターを切ることの繰り返しだ。

写真2

アレスタ:注意点をいくつかあげておこう。

  1. こまめにカメラの位置・角度・高さを変える
    カメラを三脚で固定することから、セルフ撮りでは構図が単純・固定化されがち。 自分のポーズを変えるだけではなく、カメラ側のポーズも変えてやる。
  2. 意識して視線を向ける
    自分(=面)がどこを見ているのかを意識すること。 身体と顔(目線)の方向がちぐはぐな印象の写真を時折見かける。 セルフの場合、カメラ以外にもいろいろ気を遣う対象があるから意識が散漫になりやすい。 カメラ目線ばかりでは芸がないが、あさっての方向を向いているのは芸ですらない。
  3. 不要なものは写さない
    セルフの場合、リモコンが写ってしまうことが時々ある。 セルフ撮りをしているという設定の写真でないのであれば、 それは一枚の写真という作品の中で不要なオブジェクトだ。写り込まない努力をしたい。

七菜:あと、セルフ撮影に夢中になってるとうっかりぱんつが脱げたりするから気をつけよー。
アレスタ:それはナナだけだ。

コメント(2) / タグ: Howto
更新日時: 2008/06/04 22:23:56